【パターン別】の副業

理系学生にピッタリな副業 | 理系の強みを活かした最適な副収入

理系の学生の方の中には、プログラミングやアプリ開発、数学などの得意科目に関する専門知識を活用して、学校に通いながらビジネスを立ち上げる方も多いです。また、自分で会社を興さなくても、専門知識を副業に活かすことで、アルバイトよりも高い時給で稼ぐことができます。

そこで今回は、理系の学生の方におすすめの副業についての情報をまとめました。ネットにつながるノートパソコンさえあればどこにいても稼げる副業や、スマホだけで作業できる副業について詳しく解説します。アルバイトよりも時給の高い副業が見つかれば、学費の支払いや奨学金の返済などにも有益です。ぜひ、今回の副業の中から、自分にピッタリなものを見つけてください。

⇒理系大学生におすすめの副業へ進む

理系の学生におすすめの副業とは

理系の学生におすすめの副業の中には、パソコン1つあれば時給3,000円以上で働けるものも少なくありません。たとえば、クラウドソーシングサイトで募集される仕事には、プログラミングやWEBデザインなど、IT技術に関する専門知識を活かせる副業が多いです。情報関係の学部に通っている方であれば、アプリ開発の仕事などもできます。また、エンジニアリングやガジェットに詳しい理系の学生の方であれば、専門性の高い記事をライティングしてお金を稼ぐことが可能です。

最近では、学部の授業でノートパソコンの用意が必須の学校がほとんどです。クラウドソーシンサイトを活用した副業は、一般的なスペックのノートパソコンがあれば十分に対応できるため、理系の学生の方にもおすすめです。

飲食店やイベントスタッフなどのパートやアルバイトより高い時給で稼げる副業なら、短い時間働くだけで一般的な仕事よりも多くのお小遣いを手にすることができます。空いた時間は研究や趣味に使ったり、サークル活動や学業に使ったりすることが可能です。さらに、買い物や旅行などに使えるお金が増えることも、理系の学生におすすめの副業の特徴と言えます。

副業している理系の学生の口コミや評判

理系の学生におすすめの副業について、実際に副収入を稼げた人の口コミや評判をまとめました。今後、副業を始めたいとお考えの理系学生の方はぜひ参考にしてください。

  • 21歳 男性(工学部の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

自分はゼミの先輩に教えてもらったクラウドソーシングサイトに登録して副業を始めました。バイトよりも圧倒的に稼げるので、始めてから1か月ほどでクラウドソーシング一本に絞っています。趣味でアプリ開発やブログ運営をしていたため、クラウドソーシングで募集されている簡単なIT系の案件ならサクサク納品できるのがありがたいです。

ノートパソコンがあればどこでも仕事ができるため、場所や時間帯を選ばずに稼げるのもメリットだと思います。普通のアルバイトで月に10万円以上稼ごうとするとかなり出勤しなくてはなりませんが、クラウドソーシングなら自分のペースで無理なく稼ぐ稼げます。おかげさまで、趣味に使える時間が増えました。

  • 22歳 女性(薬学部の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

出勤せずに自宅で出来る仕事があると知って、クラウドソーシングでライター業を始めました。医療系の記事は専門性が高いため高額な案件が多く、自分の専門知識を使って書けるのでピッタリだと感じます。最初は、学生なんかに仕事を依頼してくれる起業はあるんだろうかと不安でしたが、今では薬学部という看板がかえって有利になっている感じです。

大企業でも副業を推奨する時代になっているので、学生の内から収入源になる副業に巡り合えたのは良かったと思います。自分が使える時間に合わせて毎月の作業量を調整できる点も嬉しいです。

  • 24歳 男性(情報学部の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

プログラミングスキルで稼ぎたいと思って調べたところ、学生や個人でも仕事を受けられるクラウドソーシングを見つけました。最初は簡単な作業のような仕事をメインにしていましたが、思い切ってWEBサービス開発の仕事に申し込んだところ提案が採用され、結構な金額が稼げて自分でも驚いています。

大学院まで進むか、ベンチャービジネスを立ち上げるか検討していたところだったので、まずはクラウドソーシングで実力を磨きつつお金を貯めていく予定です。研究と仕事を両立できるという意味で、クラウドソーシングの仕事は理系学生にマッチしていると思いました。

理系学生の副業のメリットやデメリット

理系の学生におすすめの副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。長所と短所をどちらも知っておくことで、安全に副業をすることができます。

以下では、理系の学生におすすめの副業についてのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

理系の学生のおすすめの副業のメリットとしては、好きな時間に作業できることや、時給3,000円以上の高単価の仕事が存在していることなどが挙げられます。クラウドソーシングを通じた副業は学生でも始めることができ、登録後すぐに仕事をスタートすることが可能です。クラウドソーシングの登録料は無料で、利用料は実際に仕事をして報酬を受け取るまで0円のため、初期コストが不要なこともメリットと言えます。

また、学生の時から在宅ワークで稼ぐ方法を身に付けておけば、就職後にも様々な環境に応じて収入を増やすことが可能です。近年は大手の企業でも副業を推奨しているため、学生の時に副業で稼ぐ方法を知ることは大きなメリットとなります。

なお、クラウドソーシングで募集されている様々な案件をこなすことは社会勉強としても有意義です。副業の経験は、就活の時などにも役立ちます。一般的なパートやアルバイトと比較して専門性の高い仕事もたくさん募集されているため、自分の強みを磨くことが可能です。

さらに、クラウドソーシングで得た報酬は、2週間から1か月ほどで入金されることなどもメリットとして挙げられます。学生や個人が起業とやり取りする際には、支払いに関するトラブルなどのリスクがありますが、クラウドソーシングなら心配無用です。学生や個人でも、企業と対等な立場で仕事を進め、高額な報酬を得ることができます。

デメリット

理系の学生におすすめの副業のデメリットの1つは、クラウドソーシングではパソコンを活用した作業が中心になることです。もし、自分が自由に使えるノートパソコンを持っていない場合や、パソコン操作に苦手意識がある場合は取り組みにくい点がデメリットと言えます。クラウドソーシングにはスマホだけで作業できる案件もありますが、ノートパソコンを使った仕事と比較すると時給単価が低い傾向があるため注意が必要です。短期間でまとまったお金を稼ぎたい理系の学生の方は、パソコンを使った案件をおすすめします。

また、クラウドソーシングを活用した副業はどこでも好きな場所で稼げますが、一人での作業が中心のため出会いのチャンスが無いこともデメリットの1つです。コンビニや飲食店など、同世代の学生が集まるバイトではコミュニケーションのチャンスがありますが、クラウドソーシングは他の人と対面で会う機会が少なくなっています。

他の人と面と向かってコミュニケーションをするのがストレスに感じる方などは、クラウドソーシングがおすすめです。反対に、時給単価よりも他の人とコミュニケーションが取れることを優先したい方は、クラウドソーシング以外のアルバイトの方が良いかもしれません。自分の性格や目的に合わせて、適切な副業の方法を見つけましょう。

理系の学生が副業するのにベストな時間帯は?

理系の学生が副業するのにベストな時間帯は、授業が終了した後の夕方以降や休講日、授業が入っていない時間帯などです。理系の学生の場合、実験の授業などが忙しいこともありますが、パソコンがあればどこでもできる副業なら好きな時間に効率よく稼ぐことができます。

また、卒業に必要な単位をすでに取得してしまった学部3年生や4年生の方であれば、まとまった報酬を稼ぐことも可能です。クラウドソーシングを使った副業なら、作業ペースや分量を自分で自由に調整できます。一般的なパートやアルバイトと異なり、早朝や深夜でないと時給単価が上がらないわけではありません。自分が取り組みやすい時間帯に稼ぐのがベストです。

理系の学生におすすめのピッタリな副業はある?

理系の学生にピッタリのおすすめできる副業として、クラウドソーシングを活用した副業が挙げられます。クラウドソーシングは、仕事をするスキルを持つ個人と、仕事を外注したい会社とをマッチングしてくれるサービスです。クラウドソーシングを使うことによって、学生であっても問題なく仕事をすることができます。

クラウドソーシングで発注される仕事内容には様々なものがあり、ご自身の専門分野やスキルを活かして報酬を稼ぐことが可能です。特に、アプリ開発やWEBサイト制作などの仕事では案件が高単価な案件が多く、現役の理系学生の方も数多く活躍しています。

クラウドソーシングを使った副業では、納期を守れば作業時間を自分で決められるため、授業やレポートが忙しい理系の学生の方にもおすすめです。暇な時間や休日を使って効率よく稼ぐことができます。

実際に副収入を得ている理系の学生が成功したおすすめの副業はこれ!

実際に稼いでいる理系学生の方が成功したおすすめの副業として、クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」をご紹介します。大手のクラウドソーシングサイトであるクラウドワークスでは、たくさんの案件が募集されていることが特徴です。学生の内からクラウドソーシングで仕事をはじめる学生の方が増えてきています。

クラウドワークスでは、自分が取り組みやすい仕事を検索して見つけることが可能です。理系の学生の場合、自分の得意なプログラム言語や専門知識を持っている分野の案件を探すことで、通常のアルバイトよりも高額な報酬が得られます。

なお、クラウドワークスは企業からの仕事を完了すると、実績数が積み上げられていくため、継続するほど信頼性が高まる仕組みです。学生の頃からクラウドワークスで副業を始めておけば、社会人になってからも副収入が確保できます。

プログラム開発が得意な理系学生の方は、月に20万円や30万円といった報酬を稼ぐケースもおおいです。学生の方でもすぐに仕事を始められるのがクラウドワークスのメリットです。

クラウドワークスに類似する副業との比較

クラウドワークスの特徴について、似たような他の副業と比較してご紹介します。比較対象として、クラウドワークス以外の他のクラウドソーシング、スマホで出来る副業のアンケートモニター、そして一般的な飲食店やコンビニでのアルバイトの3つをピックアップしました。

まず、クラウドワークス以外の大手クラウドソーシングサイトである「ランサーズ」と比較してみましょう。ランサーズはクラウドワークスと同様、規模の大きなクラウドソーシングサイトの1つです。手数料や基本的な仕組みに違いはありません。ただし、掲載されている案件の数や種類、サイトの操作などが異なっています。募集されている案件数はクラウドワークスの方が多いため、数多くの仕事から自分に合った副業を見つけたい場合は、クラウドワークスの方が有利です。

次に、クラウドワークスとアンケートモニターの比較です。アンケートモニターとは、企業が募集するアンケートに回答することで報酬が貰えるという副業です。スマホだけで完結できる点が魅力となっています。理系の学生を対象としたアンケートもあるため、スキマ時間を使って気軽に稼ぐことが可能です。ただし、1件当たりの報酬は数百円なので、稼げる金額はクラウドワークスの方が多くなっています。

3つ目に、クラウドワークスと一般的なアルバイトを比較します。イベントスタッフや飲食店などの学生バイトの時給は、高くても1,000円台がほとんどです。一方、クラウドワークスで募集されている仕事は、時給単価2,000円以上で稼げるものがあります。クラウドワークスの方が高い時給単価で働けるため、奨学金を返済したい学生の方や、学費の支払いを自分でしている方にはクラウドワークスがおすすめです。また、クラウドワークスなら時間帯や場所に関係なく、自分の好きなスタイルで仕事ができます。

これらの比較情報から、理系学生の方にとってクラウドワークスを利用した副業がぴったりです。クラウドワークスへの登録は無料のため、高い時給単価で働きたい理系の学生の方はぜひ利用してみてください。