【パターン別】の副業

奨学金返済中の学生におすすめの副業

奨学金を借りている学生の方の場合、返済のためにアルバイト以外にも副業をする人が多いです。

利息付きの奨学金は、返済期間が長くなってしまうほど返済金額も増えてしまうことから、なるべく早い段階で完済しておくことが大切と言えます。

奨学金を提供している期間の1つであるJASSO(日本学生支援機構)の奨学金は、返済が滞った場合に信用情報機関への通知を行うため、延滞してしまうことによるデメリットが大きいです。奨学金返済を口座振替で行っている場合、銀行口座に常に充分な預金残高を用意する必要があります。

そこで今回は、出来るだけ短期間に副業収入を稼ぎ、より少ない回数で奨学金を返済するための参考になる情報をまとめてみました。

奨学金の返済に役立つ副業を知りたい学生の方はぜひ参考にしてください。

⇒おすすめを見てみる

※すぐにスクロールできます

奨学金を返しながらでもできる副業はあるの?

奨学金の返済におすすめの副業には様々なものがあり、学生の方でも月に3万円以上稼ぐことができます。長期休暇などの空き時間を利用して短期間で集中的に稼ぐ場合、クラウドソーシングを使った在宅ワークや、日雇い系の単発アルバイトなどがおすすめです。

クラウドソーシングによる在宅ワークなら、移動などの無駄な時間を省いて効率よく副収入が稼げます。

時給単価も、一般的な学生向けのアルバイトより高く、スキルによって時給3,000円以上を稼ぐことも可能です。また、日雇い系の単発アルバイトでは、日給8,000円以上が支払われる現場もあります。

日雇い系バイトの場合、報酬が入金されるまで1週間程度、最短でその日の内に現金で受け取れるため、返済直前にお金が足りないときにも安心です。

奨学金返済のためにおすすめの副業は、お金をかけずに始められることもメリットとなっています。クラウドソーシングを使った在宅ワークや日雇い系のバイトを副業として始める場合、特に初期費用は必要ありません。そのため、学生の方でも無理なく始めることが可能です。

奨学金の返済しながら副業している学生の口コミ・評判

学生の方が奨学金を返済する場合におすすめの副業について、実際に副収入を稼げた人の口コミや評判をまとめました。

これから副業を始めることを検討中の学生の方は、ぜひ参考にしてください。

  • 20歳 女性(大学生、副業でクラウドソーシングを開始)

私は学費を自分で働いて払っていますが、全額を払うのが難しかったため奨学金制度を活用しています。在学中にできるだけお金をためて返済をスムーズに行いたかったため、アルバイトよりも効率よく稼げると評判がよかったクラウドソーシングの在宅ワークを始めました。

クラウドソーシングでは、主に翻訳関係の仕事を行っています。英語が得意なため、専門的な文章を英訳または日本語訳する案件が主な仕事内容です。時給計算で2,000円以上稼げることや、ノートパソコンが操作できれば好きな場所、好きな時間帯に取り組めることから、とても助かっています。

学業と両立するために、副業の分量をコントロールして大変になり過ぎないように注意が必要です。その点がクリアできれば、奨学金を返済したい学生の方におすすめできる副業だと思います。

  • 23歳 男性(大学生、副業でクラウドソーシングを開始)

クラウドソーシングというサービスを先輩から聞いて、奨学金の返済に充てるお金を稼ぐために初めて見ました。最初は、学生なのに仕事をもらうことなんてできるのかと不安がありましたが、やってみると様々な企業の方から認められたので良かったです。

クラウドソーシングではライティングの仕事が数多く募集されているので、企業から依頼される記事などを執筆しています。また、執筆の案件が見つからない場合には文字起こしという、音声を文字で入力する仕事も行っていて、毎月5万円から高い時は10万円ほど稼げているのでありがたいです。

夏休みや入試休みなどの期間中はかなり時間が取れるので、クラウドソーシングの副業を詰め込んでいます。最初に想像していたよりも稼げるので、奨学金を早めに返済したいです。

  • 21歳 男性(大学生、副業で日雇いバイトを開始)

自分は日雇いバイトのサイトを使って日給8,000円以上のバイトをしています。奨学金を借りていて、親にも迷惑を掛けたくないので始めました。

日雇いバイトというと大変な肉体労働というイメージの方も居るかと思いますが、実際は屋内で事務作業をするものや待機時間が長いものなどもあるので、仕事内容を選ぶことができます。

スケジュールが合えばその日のうちに1万円前後のバイト代が稼げるのでおすすめです。奨学金を借りていない学生の人でも、お小遣い稼ぎには丁度良いのではないでしょうか。日給が高くて家から近い現場の仕事を探すのがコツだと思います。

奨学金返済におすすめの学生副業のメリットとデメリット

学生の奨学金の返済におすすめの副業には、メリットだけでなくデメリットもあります。

時給単価が高いため短期間でまとまったお金を稼ぐことがメリットですが、学業とのバランスを取ることが大切です。

そこで、奨学金の返済のためにおすすめの学生向けの副業について、メリットとデメリットをまとめました。両方の特徴を把握した上で、少しでも奨学金の返済にお役立て頂ければ幸いです。

奨学金返済中の学生副業のメリット

学生の奨学金の返済におすすめの副業のメリットは、短期間で高い報酬が稼げる点です。

クラウドソーシングによる在宅ワークや日雇いバイトなら、通常のアルバイトと比べて高い時給単価が支払われます。

利息付きの奨学金を借りている場合は、返済が短期間になるほど利息額を安く抑えられるため、短期的に稼げる在宅ワークや日雇いバイトがおすすめです。

また、学生の方が奨学金の返済のためにお金を稼ぐ場合、少ないリスクで稼げる副業をおすすめします。副業には株式投資のようなビジネスもありますが、投資系の副業はハイリスクハイリターンです。一方、在宅ワークや日雇いバイトといった副業ビジネスは、お金を掛けずに始めることができます。

さらに、在宅ワークの場合は働く場所や時間帯を自由に決められることもメリットです。忙しい学生の方でも、ネットがつながるパソコンがあればどこでも仕事ができます。学校の休み時間や通学時間、その他のスキマ時間をつかって効率よく稼ぐことが可能です。

なお、在宅ワークや日雇いバイトの副業の多くは、特別な資格や経験がない学生の方でも始められます。思い立ったらすぐに始められて報酬の入金が早いことも、学生の奨学金返済におすすめの副業のメリットです。

奨学金返済中の学生副業のデメリット

学生の奨学金返済におすすめの副業のデメリットは、自分が実際に作業をしない限り報酬が稼げない点です。

投資系の副業などは、元金が用意できればほぼ作業をせずに稼ぐことができます。ただし、所有する金額が少ない学生の方の場合は投資系のビジネスはリスクの方が大きくなってしまうため注意が必要です。

学生の奨学金返済におすすめの副業の中で、在宅ワークに関するデメリットとしては、パソコンが使えない環境では作業ができないことが挙げられます。クラウドソーシングサイトによる在宅ワークは、パソコンで作業するものが多いです。そのため、混んでいる電車内や移動中などパソコンが使えない時間帯には作業ができません。

また、日雇い系のバイトでは、現場までの移動時間が発生してしまいます。通学定期券の圏内であれば効率よく稼げますが、遠い現場の仕事だと移動時間や交通費が無駄になることがデメリットです。外出や移動時間の手間を省きたい学生の方には、在宅ワークの方をおすすめします。

学生が奨学金返済のための副業をするのにベストな時間帯は?

学生の奨学金返済におすすめの副業をするのにベストな時間帯は学校に行く前の時間帯や放課後、または土日や祝日などの休みの日です。

特に、学生向けの単発日雇いバイトの場合は、早朝や深夜帯に時給が高くなる傾向があります。また、土日や祝日の前日で入る案件の場合、日給で1万円以上を稼げる単発バイトも多いです。

学生の奨学金返済のための副業として在宅ワークを行う場合は、比較的自由な時間帯に働くことができます。どの時間帯に働いても時給単価が変わることはないため、自分が働きやすい時間帯を選ぶことが可能です。

平日に毎日1時間程度作業を行えば、月に3万円以上稼ぐこともできます。また、学校の長期休暇などのまとまった時間に作業することでも、高い副収入を得ることが可能です。

学校の授業時間やサークル活動の時間を加味して、最適な時間帯を選ぶようにしましょう。働く時間の自由度は、日雇い系の単発バイトよりもクラウドソーシングによる在宅ワークの方が高いと言えます。

奨学金返済中の学生にピッタリな副業はある?

学生の奨学金返済にピッタリな副業として、クラウドソーシングによる在宅ワークや、単発の日雇いバイトがあります。

奨学金を返済するためには、余計な出費を抑えて効率よく稼げるビジネスがおすすめです。

クラウドソーシングによる在宅ワークや単発の日雇いバイトなら、お金をかけずに開始することができます。また、学生の方でも高い時給で稼げるため、奨学金の返済にピッタリです。

また、クラウドソーシングを使った在宅ワークの副業の場合、スキル次第でより高い副収入を稼ぐことができます。学生の方で、英語やプログラミング、ライティングやホームページ制作といったスキルを持っている場合には、高単価の案件に取り組むことが可能です。

なお、これらのスキルがない場合でも、パソコンを使って文章作成ができる学生の方であれば問題なく稼げます。

単発の日雇いバイトも、自分が働ける日にまとまったお金を稼ぐことができるため、学生の奨学金返済にピッタリです。早めに奨学金を返済することで、完済までに支払う利息額を最小限に抑えていきましょう。

実際に副収入を得ている学生が成功したおすすめ副業はこれ!

奨学金返済に成功した学生の方がやっている副業の1つとして、クラウドソーシングの「クラウドワークス」が挙げられます。

クラウドソーシングは、学生やフリーランスの個人事業主などに対して仕事を発注したい企業と、仕事ができる個人のマッチングサービスです。

数あるクラウドソーシングサイトの中でも、クラウドワークスは大手で運営実績も長いため、たくさんの案件が募集されています。

クラウドワークスに登録することで、学生の方でもお金を掛けずに副業で稼ぐことが可能です。資格やスキル無しで始められる仕事もたくさんあるため、在宅ワークによる副業で奨学金返済を楽にしていきましょう。

クラウドワークスに類似する他の副業との比較

学生の奨学金返済におすすめの副業である「クラウドワークス」を使った在宅ワークについて、他の副業と比較してご紹介します。

比較する対象として、クラウドワークス以外の別のクラウドソーシングサービス、日雇いバイト、そしてアンケートサイトの3つをピックアップしました。

まず、クラウドワークス以外の別のクラウドソーシングサービスと比較してみましょう。

クラウドソーシングサービスは数多く存在しますが、クラウドワークスはその中でも大手のサービスです。規模が小さいサービスでは認知度が低いため、案件の数も少なくなってしまいます。また、副業の仕事を獲得するための方法がサイトごとに異なることにも注意しましょう。クラウドワークスならスムーズに仕事を見つけることが可能です。在宅ワークで稼ぐなら、大手で実績もあるクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」をおすすめします。

次に、クラウドワークスと日雇いバイトの比較です。

クラウドワークスの場合、自分が好きな時間帯に好きな場所で仕事ができますが、単発の日雇いバイトの場合は自由度が低くなっています。そのため、時間や場所の自由度を優先した忙しい学生の方には、クラウドワークスを使った在宅ワークがおすすめです。

自分の好きな時間に働けるクラウドワークスの場合、学業やサークル活動の合間の時間を活用して効率よく稼ぐことができます。

最後に、クラウドワークスとアンケートサイトを比較しましょう。アンケートサイトは、企業が募集するアンケート調査に回答することで報酬が貰える副業です。

スマホを操作だけで稼げるため、通学中のバスや電車でも副収入を稼げる点がメリットですが、稼げる金額はクラウドワークスによる在宅ワークの方が高くなっています。奨学金の返済のためにまとまったお金を稼ぐためには、クラウドワークスの方がおすすめです。

これらの比較から、奨学金の返済にはクラウドワークスを利用した在宅ワークをおすすめします。奨学金の返済のためにお金を稼ぎたい学生の方は、ぜひクラウドワークスによる副業に取り組んでみてください。

ABOUT ME
アバター
ゆりな
学校で勉強しながら副業もする大学生。学生だからできるおすすめしたい副業やその方法、副業する時のコツや注意点などを記事でお届けしていきます。