【パターン別】の副業

文系学生にピッタリな副業 | 文系だからこそ活かせる最適な副収入

文系の学生の方の中には、英語力や経済情勢、社会情勢に関する専門知識をもとに在学中に起業する方も少なくありません。また、起業とまではいかなくても、副業を始めることでアルバイトよりも効率よく稼ぐことができます。

そこで今回は、文系の学生の方におすすめの副業に関する情報をまとめました。

ノートパソコンがあればどこでも稼げる副業や、スマホで作業できる副業について詳しくご紹介します。アルバイトよりも時給の良い副業を始めれば、奨学金の返済にも有効です。ぜひ、今回ご紹介する副業の中から、自分にピッタリな副業を見つけてみてください。

⇒文系大学生におすすめの副業へ進む

文系の学生におすすめな副業とは

文系の学生におすすめの副業の中には、パソコン1つあれば時給2,000円以上で働けるものもあります。たとえば、クラウドソーシングを使った仕事には、読解力や国語力など、得意科目を活かした副業が多いです。英語関係の学部に通っている方であれば、翻訳の仕事などができます。また、法律関係に詳しい学生の方であれば、専門的なライティングを副業にすることが可能です。

最近では、学部の授業でノートパソコンの用意が必要な学校も増えてきています。クラウドソーシングによる副業は、授業で使うようなスペックのパソコンがあれば十分に対応できるため、学生の方におすすめです。

一般的なパートやアルバイトよりも高い時給単価で稼げる副業に取り組めば、より短い時間でたくさんのお小遣いを手にすることができます。そうすれば、空いた時間を使ってサークル活動や学業にさらに打ち込むことが可能です。また、旅行や買い物に使えるお金が増える点もメリットと言えます。

副業している文系の学生の口コミや評判

文系の学生におすすめの副業について、実際に副収入を稼げた人の口コミや評判をまとめました。これから副業を始めたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

  • 20歳 男性(語学系の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

私は現在、英語科に通っていて、友人から教えてもらったクラウドソーシングという副業に取り組んでいます。クラウドソーシングでは様々な翻訳関係の仕事が紹介されていて、自分が無理なくできる分量だけ働けるのが魅力です。日本語から英語、英語から日本語の翻訳の仕事は語学の勉強にもなるため、実力が身に付きます。

一般的な副業をされている社会人の方よりも時間を自由に使える点がアドバンテージだと思っていて、素早い対応に感謝されると嬉しいです。将来は語学力を生かした仕事をしたいので、学生時代からたくさんの経験をしたいと思います。

  • 21歳 女性(法学部の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

WEBライターという仕事を知り、クラウドソーシングを使えば学生でも副業出来るようだったため、はじめることにしました。最初は、学生なんかに仕事をくれる企業はあるのだろうかと不安な気持ちだったのですが、法学部に通う現役学生という点が採用につながるケースも多く、思ったより多くの仕事が見つかります。

可能な限り勉強に時間を割きたいため、短時間でまとまった収入が得られるクラウドソーシングの存在はありがたいです。クラウドソーシングのサイト上で実績を積めば学生かどうかに関わらず仕事を発注いただけるため、専門分野を活かした仕事をしたい人におすすめします。

  • 23歳 女性(社会学部の学生、副業でクラウドソーシングを開始)

私は、就活で特にやりたい仕事が見つからず困っていました。会社に勤めなくても稼げるクラウドソーシングというものを知ってから、初月だけで10万円も稼ぐことができたため、今ではこれを本業にするのもありかなと思っています。親の説得だけが課題ですが、最近は大学を出てからすぐに独立起業する人も多いので自分としてはありです。

基本的な読解力や文章力さえあれば、クラウドソーシングでは多くの仕事が見つけられます。私はテープ起こしという音声をテキストにする仕事を中心に、最近ではインタビューをして記事を書く仕事などもはじめました。学生の内から社会人並みに稼げる方法で、リスクもほとんど見当たらないのでおすすめです。

文系学生の副業のメリットやデメリット

文系の学生におすすめの副業には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。いい点と良くない点の両方を知っておくことで、トラブルなく副業をすることができます。

以下では、文系の学生におすすめの副業についてのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

文系の学生のおすすめの副業のメリットは、好きな時間帯に作業ができることや、時給2,000円以上の高単価で仕事ができることなどです。クラウドソーシングの副業は学生でも始めることができて、すぐに仕事を受注できます。クラウドソーシングの利用料は、実際に仕事をして報酬を受け取った時点まで発生しないため、初期費用をかけずに始められることもメリットです。

また、学生時代から副業でお金を稼ぐ方法を身に付けておけば、就職した後の収入源にもなるため安心できます。最近では大企業でも副業を推奨する時代になってきているため、学生の内から副業のやり方が分かることは大きなメリットです。

さらに、学生としてクラウドソーシングで様々な仕事の経験をすることは、就活の時などにも役立ちます。一般的なパートやアルバイトよりも専門性の高い仕事があるため、副業経験を活かして自分の強みをアピールすることも可能です。

そのほかのメリットとしては、クラウドソーシングで稼いだ報酬は、最短で2週間後、かかっても1か月後には確実に入金されることなども挙げられます。短期間でまとまったお金を稼げる副業なら、奨学金の返済や学費の支払いに充てることも可能です。

デメリット

文系の学生におすすめの副業のデメリットとしては、クラウドソーシングの場合はパソコンを使った作業が中心になることが挙げられます。ノートパソコンを持っていない学生の方や、パソコン操作が不得意な学生の方の場合は取り組みにくい点がデメリットです。クラウドソーシングで募集されている副業案件の中には、スマホだけで作業を完結できるものもあります。ただし、スマホだけでできるタイプの副業は、ノートパソコンを使った仕事と比較すると時給単価が低くなりがちです。

また、クラウドソーシングを活用した副業はどこでも好きな場所で稼げる一方で、一般的なパートやアルバイトと違って他の学生との交流する機会が無いことがデメリットと言えます。飲食店やイベントスタッフなど、同世代の学生が集まるアルバイトでは他の人とのコミュニケーションの機会も生まれますが、クラウドソーシングは基本的に一人で行う仕事のため出会いはありません。

自分一人で黙々と作業するのが苦手な人にとっては、クラウドソーシングを使った在宅でもできる副業は不向きと言えるでしょう。反対に、人と接しなくても自分が好きな時に働いてお金が稼げれば良いという方は、クラウドソーシングの副業がおすすめです。

文系の学生が副業するのにベストな時間帯は?

文系の学生が副業をするのにベストな時間帯は、授業後の空き時間や授業が無い日、授業と授業の間が空いてしまっている時間帯などです。特に、1コマ分だけ空いてしまっている時間帯は無駄に過ごしてしまいがちですが、パソコンがあればどこでもできる副業ならその時間を使って効率よくお小遣い稼ぎができます。

また、通学中の電車やバスで座れる時間が長い学生の方なら、その時間帯を活用して副業をすることも可能です。クラウドソーシングを使った副業なら、どの時間帯に作業するかを自分で好きなように選ぶことができます。一般的なパートやアルバイトでは早朝や深夜などに時給単価が上がる場合が多いですが、クラウドソーシングならいつでも高い時給単価で働くことが可能です。

文系の学生におすすめのピッタリな副業はある?

文系の学生におすすめのピッタリな副業には、クラウドソーシングを活用した仕事が挙げられます。クラウドソーシングとは、スキルを持っている個人やフリーランスの人と、仕事を外部に発注したい企業を結び付けるサービスのことです。このサービスを使うことによって、学生であっても問題なく仕事を引き受けることができます。

クラウドソーシングで募集されている仕事には様々なものがあるため、自分の専門知識や得意分野を活かしてお小遣いを稼ぐことが可能です。特に、WEBライティングなどの仕事では専門知識に関する記事を書く案件が多く、現役の学生の方もライターとして活躍しています。

クラウドソーシングの仕事は、納期さえ守れば作業をする時間帯は自分で自由に決められるため、学校の授業が忙しい学生の方にもおすすめです。スキマ時間や休日の空き時間を使って効率よく稼ぐことができます。

実際に副収入を得ている文系の学生が成功したおすすめ副業はこれ!

実際に稼いでいる文系の学生が成功したおすすめの副業として、クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」をご紹介します。クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサイトで、たくさんの案件が募集されているのが特長です。学生の方でも登録できて、すでにたくさんの方が活躍しています。

クラウドワークスでは、自分が取り組みやすい仕事を検索することが可能です。文系の学生の方の場合、自分の得意なことや専門知識を持っている分野の仕事を探すことで、一般的なアルバイトよりも高額な報酬で働けます。

なお、クラウドワークスは企業からの仕事を完了すると、実績数がプラスされていくため、継続的に仕事をしていくと信用度が高まっていく仕組みです。学生の内からクラウドワークスでの副業をスタートしておくことで、社会人になってからも収入源が確保できるため安心できます。

短期間で集中的に作業をすることで、月に10万円や20万円といった報酬を稼ぐ文系の学生も少なくありません。自分が稼ぎたい額や作業できる時間に応じて、仕事内容を自由に選べるのがクラウドワークスの良い点です。

クラウドワークスに類似する副業との比較

クラウドワークスの特徴について、類似する他の副業と比較しながらご紹介します。比較する対象としてピックアップしたのは、クラウドワークス以外の他のクラウドソーシングサイト、スマホだけで出来る副業の1つであるアンケートモニター、そして一般的な飲食店やコンビニでのアルバイトの3つです。

まず、クラウドワークス以外のクラウドソーシングサイトとして、「ランサーズ」というサイトと比較していきましょう。ランサーズはクラウドワークスと同様、国内で有数のクラウドソーシングサイトの1つです。手数料や基本的な仕組みはどちらも全く同じですが、掲載されている案件の数や種類、サイトの操作などが異なります。案件数はクラウドワークスの方が多いため、様々な種類の仕事から自分に合った副業を見つけたい場合は、クラウドワークスがおすすめです。

次に、クラウドワークスとアンケートモニターを比較します。アンケートモニターはスマホだけで完結できる副業で、企業が募集するアンケートに回答することで報酬が貰えるというものです。学生を対象としたアンケートもあるため、通学中や休み時間などのスキマ時間を使って気軽に稼ぐことができます。ただし、アンケートに回答して得られる報酬は1件につき数百円のため、まとまったお金を短期間で稼ぎたい場合はクラウドワークスの方が効率的です。

最後に、クラウドワークスと一般的なアルバイトを比較しましょう。コンビニや飲食店などの学生アルバイトの時給は、高くても1,000円台の場合がほとんどです。一方、クラウドワークスで募集されている仕事は、作業スピード次第で時給単価2,000円以上で稼げるものがあります。そのため、奨学金を返済したい学生の方や、学費の支払いを自分でしている方は、クラウドワークスがおすすめです。また、クラウドワークスならシフトや勤務場所に縛られず、自分の好きな時に好きな場所で作業できます。

これらの比較から、文系の学生の方にとってはクラウドワークスを利用した副業がおすすめです。クラウドワークスへの登録は無料でできるため、高い時給単価で副業を始めてみたい文系の学生の方はぜひチェックしてみてください。